ログインシェルを変更するには


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


ログイン時に起動するログインシェルは、ユーザーごとに変更できます。
変更を行うには、chshコマンドを使用します。

システムで指定できるシェルは/etc/shellsファイルに記述されています。
もし、新しいシェルをシステムに追加した場合には、
このファイルにシェルへのパスを記述しておく必要があります。

管理者は、他のユーザーのシェルを変更することができますが、
一般ユーザーは、自分が使用するシェルのみ変更できます。
変更の反映は、次回ログイン時にから有効になります。

■ログインシェルを変更する
----------------------------------------------------------
$ cat /etc/shells ←使用できるシェルを確認する
/bin/sh
/bin/bash
/sbin/nologin
/bin/tcsh
/bin/csh
/bin/ksh
$ chsh  ←chshコマンドでログインシェルを変更する
pakira のシェルを変更します。
パスワード:   ←ユーザーのパスワードを入力する
新しいシェル [/bin/bash]: /bin/ksh  ←新しく使用したいシェルを入力
シェルを変更しました。


■管理者(root)がユーザー(pakira)のログインシェルを変更する
--------------------------------------------------------------
$ su -      ←「su -」でrootになる
パスワード:    ←rootパスワードを入力する
# chsh pakira   ←chshの後ろにユーザー名を指定する
pakira のシェルを変更します。
新しいシェル [/bin/bash]: /bin/csh ←新しく使用したいシェルを入力
シェルを変更しました。
----------------------------------------------------------


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・MIMEでエンコードされたテキストを読めるように変換する
・viエディタで文字をコピーする
・ハードディスクの使用状況を調べるには
・tar.bz2ファイルを解凍して展開するには
・tar.gz形式のファイルを解凍、展開するには

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】