pidofコマンドでプロセス番号を表示する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

プロセスを操作する場合、プロセスを特定するためにプロセス番号使用する必要があります。
一般的にpsコマンドで調べることが多いのですが、表示される情報が多いため、表示情報を
絞り込む条件を行う必要があったりしますので、何かと面倒な場合があります。

そのような場合は、pidofコマンドを利用します。

[root@Tiger ~]# pidof init ←「init」のプロセス番号を表示します。
1     ←「init」のプロセス番号は必ず「1」なので1と表示されます。

[root@Tiger ~]# pidof httpd ←「httpd」のプロセス番号を表示します。
1227 1226 1225 1224 1223 1141

pidofコマンドは/sbin配下に格納されていますが、ディストリビューションによっては
パスが取っていないことがありますので、その場合はフルパス「/sbin/pidof」で指定してください。
[root@Tiger ~]# /sbin/pidof postmaster
1276 1275 1274 1273 1189



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする