I/Oアドレスの情報を表示する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxシステムでは、入出力デバイスに予約されたCPUのメモリマップを表示出来ます。
情報を表示するには/proc/ioportsファイルを参照します。
参照する場合は、moreやlessコマンドを使用すると良いでしょう。

■PCIデバイスの情報を表示する
------------------------------------------------------------------------------
$ more /proc/ioports   ←I/Oアドレス情報を表示します。
0000-0cf7 : PCI Bus 0000:00
0000-001f : dma1
0020-0021 : pic1
0040-0043 : timer0
0050-0053 : timer1
0060-0060 : keyboard
0064-0064 : keyboard
0070-0071 : rtc0
0080-008f : dma page reg
00a0-00a1 : pic2
00c0-00df : dma2

(中略)

0d00-feff : PCI Bus 0000:00
1000-103f : 0000:00:07.3
1000-103f : pnp 00:01
1000-1003 : ACPI PM1a_EVT_BLK
1004-1005 : ACPI PM1a_CNT_BLK
1008-100b : ACPI PM_TMR
100c-100f : ACPI GPE0_BLK
1010-1015 : ACPI CPU throttle
1040-104f : 0000:00:07.3
1040-104f : pnp 00:01
1060-107f : pnp 00:0d
1080-10bf : 0000:00:07.7
10c0-10cf : 0000:00:07.1
--続ける--(0%)    ←スペースキーを押すと次ページが表示されます。
------------------------------------------------------------------------------



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする