インストール済みのRPMパッケージを検証する

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, RPM > インストール済みのRPMパッケージを検証する

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

既にインストールしてあるRPMパッケージに対して、検査を行い問題がある場合には
問題点を表示する事が出来ます。
インストール済みのRPMパッケージを検証するには、rpmコマンドに「-V」オプションを
指定して実行します。

検査する項目は8種類になり、正の情報をオリジナルパッケージから抽出し、
RPMデータベースとの比較を行います。
検証結果は「.」(ドット)または記号8文字で表示され、ドットが表示された
項目については、検証結果に問題がないことを意味し、記号が表示された
箇所については問題があることを意味します。

[root@Tiger src]# rpm -V dovecot-1.2.3-1vl5.i386 ←RPMパッケージを検証する
S.5....T c /etc/dovecot.conf

■検証項目
記号
5:MD5和
S:ファイルサイズ
L:シンボリックリンク
T:改変時間
D:デバイス
U:ユーザ
G:グループ
M:モード(パーミッションやファイルの種類など)



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする