ファイルシステムの一貫性をチェックする

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, ディスク操作 > ファイルシステムの一貫性をチェックする

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ext2(Linux第2拡張ファイルシステム)及び、ext3(ジャーナル、自動記録保存つきLinux第2拡張ファイルシステム)
を対象にファイルシステムの一貫性をチェックするにはe2fsckコマンドを使用します。
引数としてはチェック対象のボリュームのデバイス名を指定します。

注意事項として検査が行われている途中でディスクアクセスがあると
システムが破壊される恐れがあるので、e2fsckコマンドを実行する場合には
アンマウントできるボリュームはアンマウントし、/が置かれたボリュームを
含む場合は、シングルユーザモードで実行するのが安全です。

また、このe2fsckコマンドを実行するには、root権限が必要になります。

[pakira@Tiger ~]$ su -  ←rootにスイッチします。
パスワード:    ←rootパスワードは表示されません。
[root@Tiger ~]# e2fsck -cfpv /dev/hda1 ←ボリューム「/dev/hda1」のファイルシステムの一貫性をチェックします。
/dev/hda1 is mounted.

WARNING!!! Running e2fsck on a mounted filesystem may cause
SEVERE filesystem damage.

Do you really want to continue (y/n)? yes ←対象ボリュームをアンマウントかシングルユーザモードで起動しているなら「y」を入力します

/boot: recovering journal

35 inodes used (0.13%)
2 non-contiguous inodes (5.7%)
# of inodes with ind/dind/tind blocks: 8/3/0
15397 blocks used (14.75%)
0 bad blocks
0 large files

22 regular files
3 directories
0 character device files
0 block device files
0 fifos
0 links
1 symbolic link (1 fast symbolic link)
0 sockets
--------



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする