CentOS7でログ容量制限を設定する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ログが肥大化すると、システムファイルの空き容量が無くなり、
システムの動作に悪影響を及ぼします。
そのため、ログ容量を予め設定しておくのが一般的です。

CentOS7から採用されているjournaldは、デフォルトでファイルシステムの
10%がログの容量として割り当てられています。

また、journaldには、ログの肥大化を防ぐために、ログの最大サイズの指定して、
古いログを自動的に削除するログローテート機能、従来のsyslogデーモン、
カーネルログバッファ(kmsg)にログ転送するなどの機能があります。

■ログの容量制限をする
journaldで生成されるログの容量を制限するには、
「/etc/systemd/journald.conf」ファイルの「SystemMaxUse」パラメータを設定します。
下記例ではログの容量を256MBに制限しています。

# vi /etc/systemd/journald.conf
以下、ファイル内容
# This file is part of systemd.
#
# systemd is free software; you can redistribute it and/or modify it
# under the terms of the GNU Lesser General Public License as published by
# the Free Software Foundation; either version 2.1 of the License, or
# (at your option) any later version.
#
# See journald.conf(5) for details

[Journal]
#Storage=auto
Storage=persistent
#Compress=yes
#Seal=yes
#SplitMode=login
#SyncIntervalSec=5m
#RateLimitInterval=30s
#RateLimitBurst=1000
#SystemMaxUse=
SystemMaxUse=256M ←追加します。

追加したら「:wq」で保存終了します。

■journaldサービスを再起動します。
設定を変更したら、journaldサービスを再起動します。
# systemctl restart systemd-journald.service


■journaldで管理されているすべてのログ容量を確認する
journalctlコマンドに「--disk-usage」を付けて実行します。
# journalctl --disk-usage
Journals take up 24.0M on disk.



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする