システムの稼働時間と負荷状況を確認する

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, システム管理 > システムの稼働時間と負荷状況を確認する

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

CPUの負荷状況を確認するコマンドにuptimeコマンドがあります。
また、wコマンドのヘッダー情報でもuptimeコマンドを実行した時と同じ情報が表示されます。

[root@Tiger ~]# uptime
15:33:00 up 50 min, 1 user, load average: 0.00, 0.00, 0.00

[root@Tiger ~]# w
15:33:03 up 50 min, 1 user, load average: 0.08, 0.02, 0.01  ←uptimeコマンドを実行した時と同じ情報
USER TTY FROM LOGIN@ IDLE JCPU PCPU WHAT
pakira pts/0 192.168.0.162 14:44 0.00s 0.16s 0.13s sshd: pakira [priv]

左から
15:33:03 : コマンドを実行した時刻
up 50 min : システム起動後の稼働時間
1 user : ログインユーザー数
load average: 0.08, 0.02, 0.01 : アクティブプロセスの平均数を意味し、直前1分、直前5分、直前15分

この中でCPU負荷情報として最も重要なのはload average(ロードアベレージ)になります。
これは一定時間におけるアクティブプロセスの平均数で、この値が高いということは
CPUの負荷が高いという事になります。




■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする