ログのレベルや出力先を設定する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxシステムのログのレベルや出力先を設定するには、/etc/rsyslog.confファイルを編集します。
このファイルで「プライオリティ」や「アクション」を設定します。
また、ログのカテゴリを設定するには、「ファシリティ」を設定します。

[root@Tiger ~]# vi /etc/rsyslog.conf
#### RULES ####

# Log all kernel messages to the console.
# Logging much else clutters up the screen.
#kern.* /dev/console

# Log anything (except mail) of level info or higher.
# Don't log private authentication messages!
*.info;mail.none;authpriv.none;cron.none /var/log/messages

# The authpriv file has restricted access.
authpriv.* /var/log/secure

# Log all the mail messages in one place.
mail.* -/var/log/maillog


# Log cron stuff
cron.* /var/log/cron

# Everybody gets emergency messages
*.emerg *

# Save news errors of level crit and higher in a special file.
uucp,news.crit /var/log/spooler

# Save boot messages also to boot.log
local7.* /var/log/boot.log

下記の設定を例に説明をします。
local7.* /var/log/boot.log
ファシリティとは、ログを出力するカテゴリーです。上記の例では、local7になります。

プライオリティは、ログの重要度を指定するものになります。
プライオリティを指定するには「=」を使用します。
例えば、debugのみを指定する場合は、「=debug」と指定します。
上記例では「*」がプライオリティになり、意味としてはワイルドカードとして
すべてのプライオリティを出力します。

また、ファシリティとプライオリティを合わせてセレクタと呼びます。
なお、プライオリティに「none」を指定すると、そのファシリティを除く事ができます。

アクションは、出力先になり、上記例では、「/var/log/boot.log」になります。
出力先はファイルの他に、別のコンピューターを指定することもできます。
@ホスト名や@IPアドレスにより別のコンピューターへUDPプロトコルを使い、
ログを転送できます。

/etc/rsyslog.confファイルを編集した後は、設定を反映させるため、rsyslogを再起動します。
[root@Tiger ~]# /etc/rc.d/init.d/rsyslog restart
システムロガーを停止中: [ OK ]
システムロガーを起動中: [ OK ]

■ファシリティ
auth    認証メッセージ
authpriv 認証メッセージ
cron    cronメッセージ
daemon デーモンメッセージ
kern    カーネルメッセージ
lpr     プリンタメッセージ
mail    メールメッセージ
news   ニュースメッセージ
syslog  syslogメッセージ

■プライオリティ
debug   デバッグ
info     情報
notice   通知
warning  警告
err     エラー
crit     致命的な問題
alert    すぐに修正すべき問題
emerg   システム不能の非常事態



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする