Linuxをシングルユーザーモードで起動する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

シングルユーザーモードとは、必要最小限のデーモンを起動し、
パスワード入力することなく、rootアカウントでログインするモードになります。

主にメンテンスや、障害時の調査に使用するモードになります。
※例ではCentOS6.3を使用しています。

1.「Press any key・・・」の画面で「ESC」キーを押下します。
linux_single_user_mode001.jpg

2.「CentOS・・・」と表示されるので、そのまま「e」キーを押下します。
linux_single_user_mode002.jpg

3.「kernel・・・」で始まる行にカーソルを合わせ、「e」キーを押下します。
linux_single_user_mode003.jpg

4.行末に「single」を追記して、「Enter」キーを押下します。
linux_single_user_mode004.jpg

5.画面が戻るので、ここで「b」キーを押下します。
linux_single_user_mode005.jpg

6.下図のようにコマンドプロンプトが表示されれば、シングルユーザーモードで起動しています。
linux_single_user_mode006.jpg

シングルユーザーモードを終了する場合は、rebootコマンドでシステムを再起動します。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする