DNSサーバーを設定するには


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

LinuxでDNSサーバーを設定するには、/etc/resolv.confファイルを編集します。

設定方法は、「nameserver」の行にDNSサーバーのIPアドレスを設定します。
通常は、デフォルトゲートウェイやプロバイダーから
指定されているDNSサーバーのIPアドレスを設定します。

[root@Tiger ~]# cat /etc/resolv.conf
# Generated by NetworkManager
nameserver 192.168.0.1
nameserver 8.8.8.8

上から順番にDNSサーバーを参照し、上側のDNSサーバーが応答しない場合、
下側に設定したDNSサーバーが参照されます。

一般的には、上側がプライマリDNSサーバー、下側がセカンダリDNSサーバーと呼ばれます。

使用しているプロバイダーによっては、DNSサーバーが1つしかない場合もありますが、
最低1つ存在すれば、DNSサーバーを利用できます。
セカンダリDNSサーバーを設定するのは、プライマリDNSサーバーに何かあった場合の保険です。

※/etc/resolv.confファイルの編集後にネットワークの再起動は不要です。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする