起動時にX Window Systemを実行する


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


Linux起動時にX Window Systemを実行するには、起動時のランレベルを5に修正します。

Linuxはカーネル起動すると、初期化後に、/etc/inittabファイルのinitdefaultとして設定されているランレベルで起動します。そのランベルを修正します。

Linuxのランレベルとしては、下記のものがあります。

0 停止状態
1 シングルユーザモード
2 マルチユーザモード(ネットワークなし)
3 マルチユーザモード(CUI)
4 未使用
5 X Window System(GUI)
6 再起動


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

起動時のランレベルを5に設定する

[pakira@Tiger pakira]$ su - ←rootユーザになる
Password:
[root@Tiger root]# vi /etc/inittabviエディタで「inittab」ファイルを編集します。

id:3:initdefault:
   ↓
id:5:initdefault:

※3を5へ変更します。
viエディタで保存終了し、Linuxを再起動します。

[root@Tiger root]# shutdown -r now ←サーバーを再起動します。


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・Linux起動パフォーマンスを確認する(systemd-analyze)
・すべてのサービスの状態を把握する
・サービスの状態を把握する
・CentOS6の起動時に詳細情報を表示する
・Linuxをシングルユーザーモードで起動する

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】