一時的にrootになる


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


Linuxシステムを操作するには、Linuxにログインする必要があります。作業を行っていると一時的にroot権限になる必要がある場合があります。

その場合、いちいちログオフしてコンソールでroot権限でログインしなおすのは、実用的ではありません。

そんな時は、suコマンドを使用すれば簡単に一時的にroot権限意なることができます。
また、suコマンドの引数として、ユーザ名を指定すれば、その指定したユーザになることができます。

su <ユーザー名>

しかし、この時変更先ユーザーの環境変数を引き継ぐことが出来ません。環境変数などは元のユーザーのものをそのまま使用することになります。それでは大変不便なので、suコマンドのオプションとして「-」(ハイフン)を付けてコマンドを実行することで、変更先ユーザーの環境変数を引き継ぐことができるようになります。


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

一時的にrootになる
-----------------------------------------------------
[pakira@Tiger pakira]$ whoami ←whoamiコマンドで現在のユーザーを表示します。
pakira  ←pakiraユーザーになっています。
[pakira@Tiger pakira]$ su ←suコマンドを実行してroot権限になります。
Password:
[root@Tiger pakira]# whoami ←再度、whoamiコマンドを実行してユーザーを表示します。
root  ←rootになっています。
-----------------------------------------------------

「-」(ハイフン)を付けてrootになる
-----------------------------------------------------
[pakira@Tiger pakira]$ su - ←「-」(ハイフン)を付けてsuコマンドを実行します。
Password:
[root@Tiger root]# whoami ←whoamiコマンドで現在のユーザーを表示します。
root ←rootになっています。
-----------------------------------------------------


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・グループパスワードを削除する
・グループからメンバーを外す
・グループにメンバーを追加する
・グループに管理者を設定する
・グループにパスワードを設定する

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】