グループに管理者を設定する


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


既存のグループに、root(特権ユーザー)とは別に管理者を設定することができます。
ここで設定された管理者は、グループに対して、メンバーの追加、削除、
グループパスワードの設定、削除などが行えます。

グループごとに管理者を設定するメリットは、特定のディレクトリ以下の
管理をその管理者に任せることができるので、root(特権ユーザー)である
システム管理者の負担を軽減することができます。

管理者を設定するには、gpasswdコマンドにオプション「-A」を付け、
引数にユーザー名、管理させるグループ名を指定します。
ユーザーはカンマ「,」で区切ることで複数指定することが可能です。

[pakira@Tiger ~]$ su -  ←root権限になります。
パスワード:
[root@Tiger ~]# cat /etc/group | grep unyo  ←unyoグループが存在することを確認します。
unyo:x:600:
[root@Tiger ~]# gpasswd -A pakira unyo  ←unyoグループの管理者としてpakiraを設定します。


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・グループパスワードを削除する
・グループからメンバーを外す
・グループにメンバーを追加する
・グループにパスワードを設定する
・グループIDを指定してグループを追加する

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】