起動時のメッセージを確認する


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


Linuxは起動する際にデバイスの初期化やサービスの起動をします。その際に様々なメッセージを表示します。このメッセージは非常に高速に表示されるので、起動時に確認するのは大変困難です。

このメッセージを確認するには、ログファイルとして記録している「/var/log/dmesg」ファイルを確認するか、またはdmesgコマンドを実行します。


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

root@tiger root]# dmesg ←dmesgコマンドを実行します。
Linux version 2.4.31-0vl1.8smp (daisuke@windy.dicey.org) (gcc バージョン 3.3.2 20031218 (Vine Linux 3.3.2-0vl8)) #1 SMP
2005年 9月 5日 月曜日 03:19:09 JST
BIOS-provided physical RAM map:
BIOS-e820: 0000000000000000 - 000000000009f000 (usable)
BIOS-e820: 000000000009f000 - 00000000000a0000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000000f0000 - 0000000000100000 (reserved)
BIOS-e820: 0000000000100000 - 000000007f7f0000 (usable)
BIOS-e820: 000000007f7f0000 - 000000007f7f3000 (ACPI NVS)
BIOS-e820: 000000007f7f3000 - 000000007f800000 (ACPI data)
BIOS-e820: 00000000e0000000 - 00000000f0000000 (reserved)
BIOS-e820: 00000000fec00000 - 0000000100000000 (reserved)
1143MB HIGHMEM available.
896MB LOWMEM available.
found SMP MP-table at 000f5080
hm, page 000f5000 reserved twice.
hm, page 000f6000 reserved twice.
hm, page 000f0000 reserved twice.
hm, page 000f1000 reserved twice.
On node 0 totalpages: 522224
zone(0): 4096 pages.


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・Linux起動パフォーマンスを確認する(systemd-analyze)
・すべてのサービスの状態を把握する
・サービスの状態を把握する
・CentOS6の起動時に詳細情報を表示する
・Linuxをシングルユーザーモードで起動する

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】