whoコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

誰がログインしているか表示する

■-- 文法 --■

who▲(オプション)

   例)
     who
     誰がログインしているか表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
whoコマンドは現在ログインしているユーザの一覧を表示します。

使用例としては、サーバーをシャットダウンする際などに使用する場合が多いです。
サーバーを運用すると、多くのユーザがサーバーへログインし作業を行います。そのような状態でサーバーをいきなりシャットダウンしてしまうと、ユーザが更新中のデータが損失するなどの問題が発生してしまいますので、シャットダウン前にはwhoコマンドでログイン中のユーザがいないか確認をする必要があります。表示する情報項目としては下記の内容を表示します。

・ログイン名
・ログインしている端末名
・ログイン時刻
・リモートホスト名、またはX WindowのディスプレイID

■ オプション

am i  自分のみの情報を表示します


■ 実行例

▼ログイン中のユーザ一覧を表示する
-----------------------------------------------------------------
$ who ←ログイン中のユーザ一覧を表示する
root pts/1 Dec 21 00:29
root pts/1 Dec 21 00:29 (:1.0)
pakira pts/3 Dec 21 00:30
pakira pts/4 Jan 3 15:30 (192.168.2.100)
pakira pts/5 Jan 3 15:37 (192.168.2.100)
tomohiro pts/6 Jan 3 17:50 (192.168.2.102)
-----------------------------------------------------------------

▼自分自身の情報を表示する
-----------------------------------------------------------------
$ who am i ←自分自身の情報を表示する
pakira pts/5 Jan 3 15:37 (192.168.2.100)
-----------------------------------------------------------------



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする