useraddコマンド


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


新しいユーザを追加する

■-- 文法 --■

useradd▲ユーザ名

   例)
     useradd▲miyazaki
     新しいユーザを追加する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
useraddコマンドは新規にユーザを追加する場合に使用します。
ユーザが追加されると、/homeディレクトリ配下に指定したユーザ名のディレクトリが作成され、
そのディレクトリが追加されたユーザのホームディレクトリになります。

また、それらの情報は/etc/passwdファイルに格納され、
グループについての情報は/etc/groupファイルに格納されます。
コマンドを実行する際には、引数としてユーザ名を指定して実行します。


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

■ オプション
-c コメント    新規ユーザのコメントを入力する
-d ディレクトリ  ホームディレクトリを明示的に指定する
-e yyyymmdd    ユーザアカウントの有効期限を指定する
-g クループ    所属するグループ名を指定
-D        デフォルト値を確認する

■ 実行例
▼ ユーザを追加する
-----------------------------------------------------------------
$ su -  ←suコマンドでrootになります。
Password:
# useradd miyazaki  ←ユーザ「miyazaki」を追加します。
# grep miyazaki /etc/passwd ←「/etc/passwd」ファイルを確認します。
miyazaki:x:502:503::/home/miyazaki:/bin/bash
# grep miyazaki /etc/group  ←「/etc/group」ファイルを確認します。
miyazaki:x:503:

-----------------------------------------------------------------

▼ ホームディレクトリを指定する
-----------------------------------------------------------------
$ su -  ←suコマンドでrootになります。
Password:
# useradd -d /home/web leo 
↑ホームディレクトリを「/home/web」に指定してユーザleoを追加します。
# su leo  ←ユーザleoになります。
$ cd    ←ユーザleoのホームディレクトリへ移動します。
$ pwd    ←カレントディレクトリを表示します。
/home/web  ←ホームディレクトリが「/home/web」になっています。

-----------------------------------------------------------------

▼ ユーザを有効期限付きで追加する
-----------------------------------------------------------------
$ su - ←suコマンドでrootになります。
Password:
# useradd -e 20121031 tester 
↑2012年10月31日までの有効期限付きでユーザーを追加します。

-----------------------------------------------------------------

▼useraddコマンドのデフォルト値を確認する
-----------------------------------------------------------------
# useradd -D ←useraddコマンドのデフォルト値を確認します。
GROUP=100
HOME=/home
INACTIVE=-1
EXPIRE=
SHELL=/bin/bash
SKEL=/etc/skel
CREATE_MAIL_SPOOL=yes

GROUP グループIDを100に設定してます。
HOME デフォルトのホームディレクトリを指定。「/home」配下に作成されます。
INACTIVE パスワードが無効になってkら、ユーザーのアカウントが無効になるまでの期間「-1」は無期限を意味します。
EXPIRE ユーザーの有効期限で、値がない場合は無期限を意味します。
SHELL デフォルトのログインシェルです。
SKEL 新規ユーザーのホームディレクトリのテンプレートです。/etc/skelのコピーが新規ユーザーのホームディレクトリに設定されます。
CREATE_MAIL_SPOOL 新規ユーザー作成時に"/var/spool/mail/"にメール保存ファイルを作成します。

-----------------------------------------------------------------


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・pstree
・chsh
・finger
・du
・uname

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】