uncompressコマンド


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


圧縮したファイルを解凍する

■-- 文法 --■

uncompress (オプション) (ファイル名)

     例)
     uncompress▲-f▲pakira.txt
     ファイルを解凍する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
uncompressコマンドは、圧縮されたファイルを復元するコマンドです。
uncompressコマンドは、compressコマンドで圧縮された接尾語(サフィックス)が
「.Z」のファイルを復元します。

uncompressコマンドを、ファイル名を指定せずに実行した場合、
標準入力から圧縮されたデータを読み込み、復元したデータを
標準出力に出力します。

接尾語(サフィックス)が「.Z」のファイルを引数として指定すると、
指定されたファイルから圧縮されたデータを読み込み、
もとのファイル名からサフィックス「.Z」を取り除いたファイル名で
復元したデータを保存します。復元処理が終了すると、
もとのファイルは削除されます。

また、「-c」オプションを指定すると、圧縮結果は標準出力に出力され、
これをファイルにリダイレクトすることで、もとの圧縮ファイルを
残したまま復元ファイルを作成できます。


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

■ オプション
-c 圧縮データを標準出力する
-f 同じファイル名が存在した場合、確認しないで、強制上書きする

圧縮ファイルを復元する
$ ls -l proftpd-1.3.5.tar.Z ←圧縮ファイルを確認します。
-rw-r--r--. 1 root root 13005949 6月 16 12:17 2014 proftpd-1.3.5.tar.Z
$ uncompress proftpd-1.3.5.tar.Z ←圧縮ファイルを復元します。
$ ls -l proftpd-1.3.5.tar ←復元後のファイルを確認します。
-rw-r--r--. 1 root root 28354560 6月 16 12:17 2014 proftpd-1.3.5.tar


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・pstree
・chsh
・finger
・du
・uname

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】