whereisコマンド


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


コマンドが格納されているディレクトリを表示する

■-- 文法 --■

whereis (オプション) コマンド

     例)
       whereis▲ls
      「ls」コマンドが格納されているディレクトリを表示する
       ※▲はスペースを表してます。


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

■ オプション

-b コマンドファイル格納ディレクトリーのみ検索する
-m オンラインマニュアル格納ディレクトリーのみ検索する
-s ソース格納ディレクトリーのみ検索する


■ 実行例

-----------------------------------------------------------------
$ whereis ls ←whereisコマンドを実行します
ls: /bin/ls /usr/share/man/man1/ls.1.gz
   ↑    
 ココがコマンドが格納されているディレクトリです。

「/usr/share/man/man1/ls.1.gz」はオンラインマニュアル格納ディレクトリーを表示しています。

-----------------------------------------------------------------

■オンラインマニュアルとは、Linuxに最初から用意されているコマンドの説明書です。参照するには、「man コマンド」を実行します。

 たとえば、「ls」コマンドのマニュアルを見たい時は、「man ls」と実行します。

 オプションの確認や、コマンドの意味をど忘れした時なんかに使うととても便利です♪


■whereisコマンドは、指定したコマンドがどこのディレクトリにあるのか調べたいときに使います。


■自宅サーバーを構築している方で、CGI環境を作ったことのある方ならわかると思いますが、perlプログラムを設定するときにパスを修正すると思います。

 perlプログラムの1番上にある「#!/usr/local/bin/perl」の部分です。

 このperlのパスを調べるときにもこの「whereis」は使えますよ。

-----------------------------------------------------------------

$ whereis perl ←whereisコマンドを実行します
perl: /usr/bin/perl /usr/share/man/man1/perl.1.gz
    ↑    
  ココがperlが格納されているディレクトリです。

-----------------------------------------------------------------

「#!/usr/local/bin/perl」→「#!/usr/bin/perl」

 このサーバーで、perlプログラムを実行する場合、パスは「#!/usr/bin/perl」を指定してあげると良いことがわかります。


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・pstree
・chsh
・finger
・du
・uname

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】