chkconfigコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

サービスの一覧表示、登録、削除、ランレベルの設定を行う

■-- 文法 --■

chkconfig [オプション] [サービス名]

   例)
    chkconfig▲--list
     サービスを一覧表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
chkconfigコマンドは、Linuxがシステム起動時に起動するサービスを一覧表示したり、
サービスの登録、削除、サービスの起動をランレベル毎に細かく制御するコマンドに
なります。また、chkconfigコマンドを実行するにはroot権限が必要になります。

■ 主なオプション
--list サービスを一覧表示します。
--add サービスを登録します。
--del  サービスを削除します。
--level [ランレベル] サービス名 ランレベル毎にサービスのon/offを設定します。 
-h chkconfigコマンドのヘルプを表示します。
-v chkconfigコマンドのバージョンの表示します。


■ 実行例
▼サービスを一覧表示する
[root@Tiger ~]# chkconfig --list
NetworkManager 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
acpid 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
anacron 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off
apmd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
(省略)
xinetd 0:off 1:off 2:off 3:on 4:on 5:on 6:off
ypbind 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
yum-updatesd 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

▼サービスを登録する
[root@Tiger ~]# chkconfig --add proftpd

▼サービスを削除する
[root@Tiger ~]# chkconfig --del proftpd

▼ランレベル毎にサービスのon/offを設定する
[root@Tiger ~]# chkconfig --level 2345 netfs off
[root@Tiger ~]# chkconfig --level 2345 netfs on

▼ヘルプを表示する
[root@Tiger ~]# chkconfig -h
chkconfig バージョン 1.3.30.1 - Copyright (C) 1997-2000 Red Hat, Inc.
このソフトウェアは GNU 一般公共使用許諾契約書に従って無償で再配布することができます。

使用法: chkconfig --list [名前]
chkconfig --add <名前>
chkconfig --del <名前>
chkconfig [--level <レベル>] <名前>

▼バージョンを表示する
[root@Tiger ~]# chkconfig -v
chkconfig バージョン 1.3.30.1


■ 関連記事
ランレベルごとのサービス起動と停止状況を表示する
不要サービスを停止するには
システム起動時に特定のサービスを起動する
サービスの起動、停止状況を初期設定(デフォルト)に戻す



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする