ntpdateコマンド Linuxコマンド

ntpdateコマンドの説明と使い方の実例を掲載しています。

ntpdateコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
だから、Linux学習の負担を最小限にできます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS6.5版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

サーバーの時刻を合わせる

■-- 文法 --■

ntpdate タイムサーバー名(又はIPアドレス)

   例)
     ntpdate eric.nc.u-tokyo.ac.jp
     サーバーの時刻を合わせる
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
ntpdateコマンドは、インターネットに存在するタイムサーバー(以下 NTPサーバー)へ接続し、自身の時刻を修正するコマンドです。サーバーの時刻がずれてしまうと、ファイルの更新日やメールの配信日時、バッチ処理などで、様々な問題が生じます。このような問題をさけるために、ntpdateコマンドを定期的に実行し、常に時刻を正確に保つことができます。このコマンドはスーパーユーザ権限で実行する必要があります。

■ オプション
-b    時刻を強制的に修正
-d    デバックモードを有効
-s    ntpdateを実行した際のログをsyslogへ出力
-t 秒数 タイムアウト時間を指定(デフォルトは1秒)

■ 実行例

▼ 時刻を修正する
------------------------------------
# ntpdate eric.nc.u-tokyo.ac.jp ←eric.nc.u-tokyo.ac.jpへ接続
し、時刻を修正します
15 Mar 11:34:02 ntpdate[3662]: step time server 130.69.251.23 offset 3.787735 sec
------------------------------------

▼ デバックモードで時刻を修正する
------------------------------------
# ntpdate -d eric.nc.u-tokyo.ac.jp
15 Mar 11:35:40 ntpdate[3663]: ntpdate 4.2.0a@1.1190-r Mon Oct 11 09:10:21 EDT 2004 (1)
Looking for host eric.nc.u-tokyo.ac.jp and service ntp
host found : ntp.nc.u-tokyo.ac.jp
transmit(130.69.251.23) ←NTPサーバーへ接続
receive(130.69.251.23)
transmit(130.69.251.23)
receive(130.69.251.23)
transmit(130.69.251.23)
receive(130.69.251.23)
transmit(130.69.251.23)
receive(130.69.251.23)
transmit(130.69.251.23)
server 130.69.251.23, port 123
stratum 1, precision -28, leap 00, trust 000
refid [GPS], delay 0.04153, dispersion 0.00012
transmitted 4, in filter 4
reference time: c5e0c872.824a48f9 Tue, Mar 15 2005 11:35:30.508
originate timestamp: c5e0c87d.032a0663 Tue, Mar 15 2005 11:35:41.012
↑自サーバーで設定されていた時刻
transmit timestamp: c5e0c87c.fd6e696a Tue, Mar 15 2005 11:35:40.989
↑NTPサーバーで設定されていた時刻
filter delay: 0.04201 0.04153 0.04208 0.04158
0.00000 0.00000 0.00000 0.00000
filter offset: 0.014318 0.014261 0.014775 0.014370
0.000000 0.000000 0.000000 0.000000
delay 0.04153, dispersion 0.00012
offset 0.014261

15 Mar 11:35:41 ntpdate[3663]: adjust time server 130.69.251.23 offset 0.014261 ←設定の結果を表示
sec

時刻を定期的に修正するには、自動でコマンドを実行することができる「crontab」コマンドと組み合わせて使用することが多いです。crontabについては、「crontab 定期的にコマンドを自動実行する」を参照。
------------------------------------

▼ 主なNTPサーバー
------------------------------------
東大      eric.nc.u-tokyo.ac.jp
東京理科大   sutns.sut.ac.jp
豊橋技術科学大 ntp.tut.ac.jp
大坂府立大   eagle.center.osakafu-u.ac.jp
和歌山大    narumi.eco.wakayama-u.ac.jp
広島大     ns.hiroshima-u.ac.jp

------------------------------------



■CentOS6.5サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS6.5」のサーバー構築手順、「VMware Player6」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする



Menu

サイト内検索

Linux基礎

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語

Linuxブログ

Linuxの質問

Linuxスキルアップ

RSS登録

  • atom:
  • RSS:

携帯アクセス