Linux起動時にコマンドやプログラムを自動実行させる Linux Tips

Linux起動時にコマンドやプログラムを自動実行させる Linux Tipsとして使える実用例を解説しています。

Linux起動時にコマンドやプログラムを自動実行させる

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)LinuxtipsLinuxtips, 起動 > Linux起動時にコマンドやプログラムを自動実行させる

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
だから、Linux学習の負担を最小限にできます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS6.5版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxは起動時に様々はサービスをきどうしますが、サーバー管理者がLinux起動時に独自でプログラムを実行させたい場合には、「etc/rc.d/rc.local」ファイルに起動コマンドを記述します。

「etc/rc.d/rc.local」ファイルは、起動プロセスの最後に実行されるシェルスクリプトです。

Linux起動時にコマンドやプログラムを自動実行させる

[pakira@tiger pakira]$ su -
Password:
[root@tiger root]# vi /etc/rc.d/rc.local←rc.localファイルへ編集します。
-------以下ファイルの内容----------
echo >> /etc/issue
fi

#### Vine stuff ends here


touch /var/lock/subsys/local

# Apache の起動
/usr/local/apache/bin/apachectl restart
 ←ファイルの最後に起動させたいコマンドを記述する
-------以下ファイルの内容----------



■CentOS6.5サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS6.5」のサーバー構築手順、「VMware Player6」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする



Menu

サイト内検索

Linux基礎

Linuxコマンド

Linux Tips

Linuxサーバー構築

Linux用語

Linuxブログ

Linuxの質問

Linuxスキルアップ

RSS登録

  • atom:
  • RSS:

携帯アクセス