pasteコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ファイルを行ごとに結合する

■-- 文法 --■

paste▲(オプション) ▲ファイル1▲ファイル2

   例)
     paste▲file1.txt▲file2.txt
     ファイルを行ごとに結合する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
pasteコマンドは、ファイルを同じ行ごとに結合するコマンドです。
結合された出力結果はタブ区切りで出力されます。
コマンドを実行する際には、引数として行ごとに結合するファイルを
「ファイル1」、「ファイル2」として指定して実行します。
入力がファイルではない場合、標準入力が利用されます。

■ オプション

-d 文字 連結されたファイルを区切るのにタブではなく、文字として指定した区切り文字を使用する
-s     1行に連結するのではなく、ファイル単位で1行にまとめる


■ 実行例

▼同じ行を結合して表示する
-----------------------------------------------------------------
$ cat file1.txt ←「file1.txt」ファイルの内容を表示します。
111111
222222
333333
$ cat file2.txt ←「file2.txt」ファイルの内容を表示します。
abcdef
ghijkl
mnopqr
$ paste file1.txt file2.txt ←2つファイルを結合します。
111111 abcdef
222222 ghijkl
333333 mnopqr
-----------------------------------------------------------------

▼ファイル単位で1行にまとめる
-----------------------------------------------------------------
$ paste -s file1.txt file2.txt ←ファイル単位で結合します。
111111 222222 333333
abcdef ghijkl mnopqr
-----------------------------------------------------------------

▼ 区切り文字を指定して文字を区切る
-----------------------------------------------------------------
$ paste -d , file1.txt file2.txt ←区切り文字(,)を指定して結合します。
111111,bcdef
222222,ghijkl
333333,mnopqr
-----------------------------------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする