tacコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ファイルを逆順に表示する

■-- 文法 --■

tac▲(オプション) ▲ファイル名

   例)
     tac▲test.txt
     ファイルを逆順に表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
tacコマンドはファイル内の行を逆順にして表示します。

コマンドの意味どおりcatコマンドと表示が逆になります。
コマンドを実行する際には、引数に表示したいファイルを指定して実行します。
また、tacはコマンドのつづりもcatの逆になっています。

■ オプション
-s 区切り文字 区切り文字を指定して逆順表示します

■ 実行例
▼ファイルを逆順に表示します
-----------------------------------------------------------------
$ cat tac_test.txt ←ファイルの内容を表示します。
aaaaa
bbbbb
ccccc
ddddd
$ tac tac_test.txt ←「tac」コマンドを実行します。
ddddd
ccccc
bbbbb ←ファイルの内容が逆順で表示します。
aaaaa
-----------------------------------------------------------------

▼区切り文字を指定して逆順表示する
-----------------------------------------------------------------
$ cat tac_test2.txt ←ファイルの内容を表示します。
aaaaa,bbbbb,ccccc,ddddd,
$ tac -s , tac_test2.txt ←オプション「s」に区切り文字「,」を指定して実行します。
ddddd,ccccc,bbbbb,aaaaa, ←逆順で表示されます。
-----------------------------------------------------------------

▼システムログファイルを逆順で表示します。
-----------------------------------------------------------------
$ su - ←suコマンドでrootになります。
パスワード:
# tac /var/log/messages ←逆順表示することで新しいログほど上に表示されます。
-----------------------------------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする