splitコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ファイルを決まった大きさに分割する

■-- 文法 --■

split▲(オプション) ▲ファイル名▲(プリフィックス)

   例)
     split▲-b▲1024▲acpid-1.0.3-2.i386.rpm▲acpid.
     ファイルを決まった大きさに分割する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
splitコマンドは一つのファイルを一定の容量や行数を指定して分割するコマンドです。

主にフロッピーディスクなどのデバイスなどのデータを保存しきれない場合などに
ファイルを分割して保存するために使用するコマンドです。

オプションを付けずに実行した場合、1000行ごとにファイルを分割します。
また、分割ファイルのプリフィックス(接頭辞)を指定しない場合は、
「x」という(プリフィックス)が付けられます。
つまり、分割されたファイルはxaa、xab、xacをいうファイル名で分割されます。

■ オプション

-l 行数  行数分ずつ各出力ファイルに書き出す
-b バイト数 指定バイト数ごとに出力ファイルへ書き出す
-c バイト数 指定バイト数を超えない範囲で可能な限り多くの出力ファイルへ書き出す
-d      サフィックスを数字にする

■ 実行例

▼ ファイルを分割する
-----------------------------------------------------------------
$ ls
openssl-1.0.1e-42.el7.9.x86_64.rpm
$ split openssl-1.0.1e-42.el7.9.x86_64.rpm ←「split」コマンドを実行します。
$ ls
openssl-1.0.1e-42.el7.9.x86_64.rpm xaa xab xac
↑プリフィックス「x」が付けられたaa、ab、acファイルが作成されます。
-----------------------------------------------------------------

▼ 行数を指定して分割する
-----------------------------------------------------------------
$ split -l 1000 messages-20151122 ←1000行ずつ分割します。
$ ls
messages-20151122 xab xad xaf xah xaj xal xan xap xar xat xav xax
xaa xac xae xag xai xak xam xao xaq xas xau xaw
$ wc xaa
1000 11864 81202 xaa ←1000行で分割されています。
-----------------------------------------------------------------

▼ プリフィックスを指定してファイルを1024バイトごとに分割する
-----------------------------------------------------------------
$ split -b 1024 acpid-1.0.3-2.i386.rpm acpid. ←「split」コマンドを実行します。
$ ls -l acpid* ←プリフィックス「acpid」を含むファイルを表示
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 19863 10月 21 04:20 acpid-1.0.3-2.i386.rpm
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.aa
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.ab
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.ac
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.ad
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.ae
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.af
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.ag
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.ah
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.ai
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.aj
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.ak
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.al
-rw-rw-r-- 1 pakira pakira 1024 12月 10 06:27 acpid.am
↑プリフィックス「acpid.」の後に、
「aa」や「ab」など、分割されたファイルが作成されます。
-----------------------------------------------------------------

▼ サフィックスを数字にする
-----------------------------------------------------------------
$ split -d openssl-1.0.1e-42.el7.9.x86_64.rpm ←「split」コマンドを実行します。
$ ls
openssl-1.0.1e-42.el7.9.x86_64.rpm x00 x01 x02
↑xに続いてサフィックスが数字になります。
aa、ab、acだったのが、00、01、02になります。
-----------------------------------------------------------------

▼ ファイルを結合する
-----------------------------------------------------------------
$ cat acpid.* > acpid-1.0.3-2.i386.rpm

ワイルドカードを使用することで、サフィックス「acpid.」が付く
ファイルをすべて指定し、分割ファイルを統合しています。
-----------------------------------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする