sourceコマンド


人気セミナー

【CentOS8開催】リナックスマスターセミナー(ZOOM対応)
CentOS8対応を記念して、『受講料70%OFF』キャンペーンを実施中です。
いますぐ、↑をクリックしてください。

(ZOOMセミナーの様子)

シェルの設定ファイルを読み込む

■-- 文法 --■

source▲設定ファイル名

   例)
     source▲./.bashrc
     シェルの設定ファイルを読み込む
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
エイリアスや変数の設定などは、bashの設定ファイル(.bashrc)に記述されており、ログイン時やログアウト時に読み込まれることで設定を反映させています。しかし、これらの設定を変更した場合、再度ログアウトまたはログインしなおさなければ設定が反映しません。

そのような場合にこのsourceコマンドを実行すると変更内容を即時反映させることができます。


 1番人気 たった1日でプロ技術が習得できるLinuxセミナー


■ オプション

なし


■ 実行例

▼ 設定ファイル「.bashrc」を読み込む
-----------------------------------------------------------------
$ source ./.bashrc ←bash設定ファイルを読み込む
-----------------------------------------------------------------

bash設定ファイルは、ユーザのホームディレクトリにドットファイルとして存在します。
.bashrc bash起動の度に設定を読み込む
.bash_profile ログイン時に設定を読み込もむ
.bash_logout ログアウト時に設定を読み込む


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


人気講座リナックスマスター・ホームスタディ講座【クラウド編】




<<関連記事>>
・pstree
・chsh
・finger
・du
・uname

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】