hostnameコマンド


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

サーバーのホスト名を表示、設定する

■-- 文法 --■

hostname (オプション) (ホスト名)

     例)
     hostname▲-s▲pakira
     ホスト名を表示する
       ※▲はスペースを表してます。

■ 説明
hostnameコマンドは、システムに設定されているホスト名を表示するコマンドです。オプションを指定せずにコマンドを実行するとFQDN(Full Qualified Domain Name)と呼ばれるドメインを含めた形のホスト名を表示します。

また、hostnameコマンドの引数として、ホスト名を指定すると、システムのホスト名を変更することができます。このホスト名の変更を実行できるのはスーパーユーザ(root)のみです。ホスト名とは、ネットワーク上でコンピュータを区別するために付けられる名前になり、windowsネットワークで表示される
コンピュータ名に相当します。

■ オプション

-s 短いホスト名を表示する(ドメインを除いた表示)

■ 実行例

▼ ドメインを含むホスト名を表示する
------------------------------------
$ hostname ←hostnameコマンドを実行します
kitty.linuxmaster.jp ←ドメインを含むホスト名が表示されます
------------------------------------

▼ ドメインを除いたホスト名を表示する
------------------------------------
$ hostname -s ←オプション「-s」をつけてコマンドを実行します
kitty ←ドメインを除いたホスト名が表示されます
------------------------------------

▼ ホスト名を変更する
------------------------------------
$ su -
password:
# hostname snoopy ←hostnameの後に変更したいホスト名を指定します
# hostname ←hostnameコマンドを実行します
snoopy  ←ホスト名が変更されます
------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする