ファイルの変更を直ちにディスクに反映させる


■AWSに13分でWordPressサーバーが構築できるマニュアル
たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」を無料プレゼントしています。
エンジニア年収をアップしたい!
システムのコストダウンをしたいなら、AWSを覚えるのが近道です。
↓から今すぐダウンロードしてAWSを無料体験してください。
お名前*
メールアドレス *


ユーザーによるファイルへの変更と実際のハードディスクなどnメディアへの書き込みは時間差があることがあります。これはメモリ上に変更内容を一時保存し、複数の書き込み処理を一括で行うよう仕組みをファイルシステムが備えているからです。

このような場合にはsyncコマンドを使用すれば、直ちに変更内容をハードディスクなどのメディアに反映することが出来ます。shutdownコマンドなどでシステム終了する場合には自動的にメモリバッファと同期をとるようになっています。

しかしそれ以外でシステムを停止する場合、処理中のデータがハードディスクに書き込まれず、データが消滅することもありえます。そのようなときにsyncコマンドを事前に実行しておけば安全です。


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

syncコマンドを実行する

[root@Dolphin root]# sync
[root@Dolphin root]#


人気記事失敗しないLinuxの転職に強い転職サイト・転職エージェント【厳選3選】


■たった13分でAWSにWordPressサーバーが構築できる
「AWS無料体験マニュアル」をプレゼント中
↓いますぐ無料ダウンロードしてください。

お名前*
メールアドレス *

<<関連記事>>
・tarコマンドで作成したアーカイブの内容を表示する
・Linuxでファイルコンテンツの検索をする
・tar.bz2ファイルを解凍して展開するには
・BZIP2形式でファイルを圧縮・解凍するには
・GZIP形式の圧縮ファイルを解凍する

スポンサードリンク


■CentOS7サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・DB(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)


詳細は↓をいますぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  ホームスタディ講座【初級編】