ファイルの変更を直ちにディスクに反映させる


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ユーザーによるファイルへの変更と実際のハードディスクなどnメディアへの書き込みは時間差があることがあります。これはメモリ上に変更内容を一時保存し、複数の書き込み処理を一括で行うよう仕組みをファイルシステムが備えているからです。

このような場合にはsyncコマンドを使用すれば、直ちに変更内容をハードディスクなどのメディアに反映することが出来ます。shutdownコマンドなどでシステム終了する場合には自動的にメモリバッファと同期をとるようになっています。

しかしそれ以外でシステムを停止する場合、処理中のデータがハードディスクに書き込まれず、データが消滅することもありえます。そのようなときにsyncコマンドを事前に実行しておけば安全です。

syncコマンドを実行する

[root@Dolphin root]# sync
[root@Dolphin root]#



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする