ファイルの内容を8進数や16進数で表示するには


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

pgコマンドやcatコマンドで内容を表示できるファイルでも、実際には文字コードにしたがって記述されたバイナリファイルです。8進数でファイルを表示するにはodコマンドを使用します。また、16進数で表示するにはhexdumpコマンドを使用します。

ファイルの内容を8進数で表示する

[pakira@Dolphin pakira]$ od ip_list.txt
0000000 034461 027062 033061 027070 027061 005061 034461 027062
0000020 033061 027070 027061 031463 030412 031071 030456 034066
0000040 030456 030456 030065 005012
0000050

↑odコマンドを実行します。


ファイルの内容を16進数で表示する

[pakira@Dolphin pakira]$ hexdump ip_list.txt
0000000 3931 2e32 3631 2e38 2e31 0a31 3931 2e32
0000010 3631 2e38 2e31 3333 310a 3239 312e 3836
0000020 312e 312e 3035 0a0a
0000028

↑hexdump コマンドを実行します。



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする