ファイルの内容を行番号付きで表示する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ファイルの内容を表示するにはcatコマンドをしようしますが、オプションなしで実行した場合、単に内容が表示されるだけです。行番号を付けてファイル内容を表示するには、catコマンドにオプション-nを付けて実行します。

ファイルの空行に行番号を付けたくない場合は、オプション-bを付けます。

行番号付きでファイルの内容を表示します。

[pakira@Dolphin conf]$ cat -n httpd.conf
1 ##
2 ## httpd.conf -- Apache HTTP server configuration file
3 ##
4
5 #
6 # Based upon the NCSA server configuration files originally by Rob McCool.
7 #
8 # This is the main Apache server configuration file. It contains the
9 # configuration directives that give the server its instructions.
10 # See for detailed information about
11 # the directives.

↑httpd.confファイルを行番号付きで内容表示させます。


[pakira@Dolphin conf]$ cat -b httpd.conf
1 ##
2 ## httpd.conf -- Apache HTTP server configuration file
3 ##

4 #
5 # Based upon the NCSA server configuration files originally by Rob McCool.
6 #
7 # This is the main Apache server configuration file. It contains the
8 # configuration directives that give the server its instructions.
9 # See for detailed information about
10 # the directives.

↑空行は行としてカウントしない



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする