確認しながらファイルを削除する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxのファイルの削除は、rmコマンドを使用しますが、デフォルト(初期設定)では削除して良いか確認をしません。(ディストリビューションや権限によって確認するものもあります)

Linuxは一度誤って削除したファイルを元に戻すことができないので、これを防ぐには、rmコマンドにオプション-iを付けて実行を行います。

確認しないでファイルを削除する

[pakira@Dolphin pakira]$ ls -l rm_list.txt
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 28 Mar 5 10:31 rm_list.txt
[pakira@Dolphin pakira]$ rm rm_list.txt
[pakira@Dolphin pakira]$ ls -l rm_list.txt
/bin/ls: rm_list.txt: そのようなファイルやディレクトリはありません
↑デフォルトだと確認せずに削除してしまいます。


確認しながらファイルを削除する

[pakira@Dolphin pakira]$ ls -l rm_list.txt
-rw-r--r-- 1 pakira pakira 28 Mar 5 10:32 rm_list.txt
[pakira@Dolphin pakira]$ rm -i rm_list.txt
rm: `rm_list.txt' を削除しますか(yes/no)? y
↑オプション-iを付けて実行すると、削除確認をします。

[pakira@Dolphin pakira]$ ls -l rm_list.txt
/bin/ls: rm_list.txt: そのようなファイルやディレクトリはありません



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする