CentOSバージョンアップ手順


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
独学で1年以上掛かるプロのLinux技術を、たった2日間で習得できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

CentOSを最新バージョンにアップデートする手順を紹介します。
本作業を行うことで、常に最新のCentOS を利用することが可能になります。

注意
実行タイミングやサーバー環境によっては、システムやアプリケーションの誤作動や
不具合、場合によっては、サーバー自体が起動しなくなる可能性があります。
そうなっても良いように、実行する場合は、必ずテスト環境(壊れても良い環境)で
事前確認を行ってください。

今回の例では、CentOS7.4を使用していますが、
他のバージョンでも基本的に手順は同じになります。


1.Linux のバージョンを確認します。
$ su -
パスワード:    ←rootパスワードを入力します(パスワードは入力しても表示されません)
# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)


2.カーネルバージョンを確認します。
# uname -a
Linux Tiger 3.10.0-693.el7.x86_64 #1 SMP Tue Aug 22 21:09:27 UTC 2017 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux


3.カーネルをアップデート対象から除外する設定を行います。
バージョンアップの多くのトラブル原因は、
カーネルアップデートなので、取り敢えず除外します。
13 行目に「exclude=kernel*」を追加します。
# vi /etc/yum.conf
--------------------------------------------------------------------
[main]
cachedir=/var/cache/yum/$basearch/$releasever
keepcache=0
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
exactarch=1
obsoletes=1
gpgcheck=1
plugins=1
installonly_limit=5
bugtracker_url=http://bugs.centos.org/set_project.php?project_id=23&ref=http://bugs.centos.org/bug_repor
t_page.php?category=yum
distroverpkg=centos-release
exclude=kernel*  ←「exclude=kernel*」を追加します。
--------------------------------------------------------------------
編集後、「:wq」で保存終了します。


4.yumアップデートを実施します。
yum コマンドでアップデートを実施します。
途中、処理を続行するか問われるので「y」を入力します。
※表示される内容は、実行タイミングによって異なります。
--------------------------------------------------------------------
# yum update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
base | 3.6 kB 00:00:00
extras | 3.4 kB 00:00:00
updates | 3.4 kB 00:00:00
(1/4): extras/7/x86_64/primary_db | 147 kB 00:00:03
(2/4): updates/7/x86_64 /primary_db | 2.0 MB 00:00:08

〜中略〜

libinput x86_64 1.8.4 -2.el7 base 142 k
libwayland-client x86_64 1.14.0-2.el7 base 32 k
libwayland-cursor x86_64 1.14.0 -2.el7 base 20 k
libwayland-server x86_64 1.14.0 -2.el7 base 38 k
llvm-private x86_64 5.0.0 -3.el7 base 20 M
lz4 x86_64 1.7.5 -2.el7 base 98 k
mesa-libwayland-egl x86_64 17.2.3 -8.20171019.el7 base 17 k
unbound-libs x86_64 1.6.6 -1.el7 base 405 k
volume_key-libs x86_64 0.3.9-8.el7 base 140 k

トランザクションの要約
============================================================
インストール 4 パッケージ(+20 個の依存関係のパッケージ)
更新 613 パッケージ  ←この辺りの数字は、実行タイミングによって異なります。

合計容量: 642 M
総ダウンロード容量: 641 M
Is this ok [y/d/N]: y  ←「y」を入力します。

〜中略〜

xorg-x11-server-common.x86_64 0:1.19.5-5.el7
xorg-x11-xinit.x86_64 0:1.3.4-2.el7
yum.noarch 0:3.4.3-158.el7.centos
yum-plugin-fastestmirror.noarch 0:1.1.31 -45.el7
yum-utils.noarch 0:1.1.31-45.el7

置換:
grub2.x86_64 1:2.02-0.64.el7.centos grub2 -tools.x86_64 1:2.02-0.64.el7.centos

完了しました!
--------------------------------------------------------------------


5.サーバーを再起動します。
# shutdown -r now


6.再起動後、Linux のバージョンを確認します。
下記の例では、CentOS7.5 にバージョンアップしていますが、
実行タイミングによってバージョンが異なる場合があります。
$ su -
パスワード:
# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.5.1804 (Core)


7.カーネルバージョンを確認します。
カーネルのバージョンはアップデートから除外しているので、変わっていません。
# uname -a
Linux Tiger 3.10.0-693.el7.x86_64 #1 SMP Tue Aug 22 21:09:27 UTC 2017 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux


8.カーネルのバージョンアップをします。
13 行目の「exclude=kernel*」行頭に「#」を追加します。
# vi /etc/yum.conf
--------------------------------------------------------------------
[main]
cachedir=/var/cache/yum/$basearch/$releasever
keepcache=0
debuglevel=2
logfile=/var/log/yum.log
exactarch=1
obsoletes=1
gpgcheck=1
plugins=1
installonly_limit=5
bugtracker_url=http://bugs.centos.org/set_project.php?project_id=23&ref=http://bugs.centos.org/bug_repor
t_page.php?category=yum
distroverpkg=centos-release
#exclude=kernel*    ←行頭に「#」を追加します。
--------------------------------------------------------------------
編集後、「:wq」で保存終了します。


9.yumアップデートを実施します。
yum コマンドでアップデートを実施します。
途中、処理を続行するか問われるので「y」を入力します。
※表示される内容は、実行タイミングによって異なります。
--------------------------------------------------------------------
# yum update
読み込んだプラグイン:fastestmirror, langpacks
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.nara.wide.ad.jp
* extras: ftp.nara.wide.ad.jp

〜中略〜

---> パッケージkernel-tools-libs.x86_64 0:3.10.0-693.el7 を更新
---> パッケージkernel-tools-libs.x86_64 0:3.10.0-862.3.2.el7 をアップデート
--> 依存性解決を終了しました。

依存性を解決しました

============================================================
Package アーキテクチャーバージョン リポジトリー 容量
============================================================
インストール中:
kernel x86_64 3.10.0-862.3.2.el7 updates 46 M
kernel-devel x86_64 3.10.0-862.3.2.el7 updates 16 M
更新します:
kernel-headers x86_64 3.10.0-862.3.2.el7 updates 7.1 M
kernel-tools x86_64 3.10.0-862.3.2.el7 updates 6.2 M
kernel-tools-libs x86_64 3.10.0-862.3.2.el7 updates 6.2 M

トランザクションの要約
============================================================
インストール 2 パッケージ  ←この辺りの数字や内容は、実行タイミングによって異なります。
更新 3 パッケージ

総ダウンロード容量: 81 M
Is this ok [y/d/N]: y ←「y」を入力します。

〜中略〜

検証中 : kernel-headers-3.10.0-693.el7.x86_64 7/8
検証中 : kernel-tools-libs-3.10.0-693.el7.x86_64 8/8

インストール:
kernel.x86_64 0:3.10.0-862.3.2.el7 kernel -devel.x86_64 0:3.10.0-862.3.2.el7

更新:
kernel-headers.x86_64 0:3.10.0-862.3.2.el7 kernel-tools.x86_64 0:3.10.0-862.3.2.el7
kernel-tools-libs.x86_64 0:3.10.0-862.3.2.el7

完了しました!
--------------------------------------------------------------------


10.サーバーを再起動します。
# shutdown -r now


11.カーネルバージョンを確認します。
カーネルがバージョンアップしています。
$ su -
パスワード:
[root@Tiger ~]# uname -a
Linux Tiger 3.10.0-862.3.2.el7.x86_64 #1 SMP Mon May 21 23:36:36 UTC 2018 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux


本手順を実施することで、常に最新のCentOS を利用することが出来ます。
しかし、冒頭でも説明しましたが、アップデートによるトラブルが発生する場合も
ありますので、実施する際は、必ずテスト環境で問題がないことを確認してから、
本番環境で実施してください。



■CentOS7.4サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
下記3冊のマニュアルを無料プレゼントしています。
・CentOS7.4サーバー構築マニュアル(105ページ)
・VMware Playerで作る仮想Linux環境構築マニュアル(40ページ)
・データベース(PostgreSQL・MySQL)構築・CentOSバージョンアップマニュアル(33ページ)

※常に最新のCentOSが使用できます。
詳しくは↓のページで説明しています。今すぐクリックしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする