Postfixでメールキューの状態を確認する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Postfixでメールキューの状態を確認するには、postqueueコマンドを使用します。
postqueueコマンドにオプション「-p」を付けて実行します。

■メールキューが存在する場合
# postqueue -p
-Queue ID- --Size-- ----Arrival Time---- -Sender/Recipient-------
106E07E25C 28536 Thu Jul 20 00:01:20 pakira2@XXXXXXXXXXXXX.net
(Host or domain name not found. Name service error for name=tarou.jp type=MX: Host not found, try again)
yamada@XXXXXXXX.jp

19DEC7E261 20997 Thu Jul 20 00:02:04 pakira2@XXXXXXXXXXXXX.net
(connect to mail.xn--v9juc834uywe0tghzh2y4d.com[157.107.91.16]: Connection timed out)
webmaster@XXXXXXXXXXXXXXX.com

E227E7E242 22135 Thu Jul 20 00:01:23 pakira2@XXXXXXXXXXXXX.net
(connect to linuxlike.com[141.8.230.20]: Connection timed out)
likelinux@XXXXXXXXXX.com

6EEF87E246 20181 Thu Jul 20 00:02:03 pakira2@XXXXXXXXXXXXX.net
(Host or domain name not found. Name service error for name=kkk.com type=MX: Host not found, try again)
kkkkkkkkk@XXX.com

-- 91 Kbytes in 4 Requests.


■メールキューが存在しない場合
# postqueue -p
Mail queue is empty


■溜まっているメールキューを強制的に送信するには
postqueueコマンドにオプション「-f」を付けて実行します。
# postqueue -f



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする