mkpasswdコマンドでパスワードを生成する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

セキュリティ保持の為には、定期的にパスワードを変更する必要があります。
しかし、どのようなパスワードにすれば良いか迷う場合もあります。
その場合、mkpasswdコマンドを使用するとランダムなパスワードを容易に生成できます。

mkpasswdコマンドがインストールされていない場合は、
下記コマンドを実行してインストールを行います。
※今回のインストール環境はCentOS6.5です。
※下記コマンドを実行するには、root権限が必要です。

1.mkpasswdコマンドのインストール
---------------------------------------------------
[pakira@Tiger ~]$ su -   ←rootになります。
パスワード:
[root@Tiger ~]# yum install expect ←expectをインストールします。
Loaded plugins: fastestmirror, security
base | 3.7 kB 00:00
base/primary_db | 3.6 MB 00:02
extras | 3.3 kB 00:00
extras/primary_db | 28 kB 00:00
updates | 3.4 kB 00:00
updates/primary_db | 845 kB 00:00
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package expect.i686 0:5.44.1.15-5.el6_4 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

==================================================================
Package Arch Version Repository Size
==================================================================
Installing:
expect i686 5.44.1.15-5.el6_4 base 256 k

Transaction Summary
==================================================================
Install 1 Package(s)

Total download size: 256 k
Installed size: 544 k
Is this ok [y/N]: y   ←「y」を入力します。
Downloading Packages:
expect-5.44.1.15-5.el6_4.i686.rpm | 256 kB 00:00
警告: rpmts_HdrFromFdno: ヘッダ V3 RSA/SHA1 Signature, key ID c105b9de: NOKEY
Retrieving key from file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
Importing GPG key 0xC105B9DE:
Userid : CentOS-6 Key (CentOS 6 Official Signing Key)
Package: centos-release-6-5.el6.centos.11.1.i686 (@anaconda-CentOS-201311271240.i386/6.5)
From : /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
Is this ok [y/N]: y   ←「y」を入力します。
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing : expect-5.44.1.15-5.el6_4.i686 1/1
Verifying : expect-5.44.1.15-5.el6_4.i686 1/1

Installed:
expect.i686 0:5.44.1.15-5.el6_4

Complete!
---------------------------------------------------

2.パスワードを生成します。
[root@Tiger ~]# mkpasswd ←mkpasswdコマンドを実行します。
_Upf44Qfg  ←生成されたパスワードが表示されます。

mkpasswdコマンドは、一般ユーザーでも実行できます。
[pakira@Tiger ~]$ mkpasswd
14rk%WKxi  ←生成されたパスワードが表示されます。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする