Apacheの設定ファイル(httpd.conf)の編集誤りを確認する

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, Webサーバー管理, サーバー管理 > Apacheの設定ファイル(httpd.conf)の編集誤りを確認する

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Apacheの設定ファイル(httpd.conf)の編集を行ったら、
編集内容に誤りがないか確認を行います。

インストール方法にもよりますが、httpd.confファイルは、
/etc/httpd/conf/ディレクトリか/usr/local/apache2/conf/ディレクトリなどに格納されています。
詳しくは、httpd.confファイルのServerRootに設定されているディレクトリを確認してください。

構文誤りをテストするには、/etc/init.d/httpdに「configtest」を指定します。
「Syntax OK」と表示されれば、構文に問題がないことになります。
※apachectlにconfigtestを指定して実行しても同じ結果が得られます。

[root@Tiger ~]# /etc/init.d/httpd configtest
Syntax OK

[root@Tiger ~]# /usr/local/apache2/bin/apachectl configtest
Syntax OK

また、構文に誤りがある場合、下記のように表示されます。
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/httpd configtest
Syntax error on line 31 of /usr/local/apache2/conf/httpd.conf:
Invalid command 'dd', perhaps misspelled or defined by a module not included in the server configuration

上記のメッセージでは、「line 31」(31行目)に誤りがあることが指摘されています。
このれいでは、「dd」という文字が余分に入っていることを意味していますので、
これを削除する必要があります。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする