Apacheのエラーログを設定する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Apacheでエラーログを設定するには、httpd.confファイルを編集します。

インストール方法にもよりますが、httpd.confファイルは、
/etc/httpd/conf/ディレクトリか/usr/local/apache2/conf/ディレクトリなどに格納されています。
詳しくは、httpd.confファイルのServerRootに設定されているディレクトリを確認してください。

[root@Tiger ~]# vi /usr/local/apache2/conf/httpd.conf
#
# ErrorLog: The location of the error log file.
# If you do not specify an ErrorLog directive within a
# container, error messages relating to that virtual host will be
# logged here. If you *do* define an error logfile for a
# container, that host's errors will be logged there and not here.
#
ErrorLog "logs/error_log"

#
# LogLevel: Control the number of messages logged to the error_log.
# Possible values include: debug, info, notice, warn, error, crit,
# alert, emerg.
#
LogLevel warn

上の例では、ErrorLog "logs/error_log"がエラーログ設定箇所になり、
logsディレクトリのerror_logファイルに出力することが設定されています。
logsディレクトリは、/etc/httpd/logsか、/usr/local/apache2/logsディレクトリなどになります。

LogLevel warnでは、ログの出力レベルが設定されており、
デフォルトでは、warn以上が記録されます。
コメントにあるdebug, info、notice、warn、error、crit、alert、emergを指定出来ます。

変更後は、設定を反映させるためApacheの再起動を行います。
[root@Tiger ~]# /etc/init.d/httpd restart



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする