/etc/fstabファイル


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7.1版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ファイルシステムの情報は、/etc/fstabファイルに記述されています。
マウントするとき、このファイルが参照されるため、
マウントする頻度の高いファイルシステムを記述します。

■/etc/fstabファイル
/dev/hda4               /                  ext3    defaults        1 1
/dev/hda1               /boot              ext3    defaults        1 2
/dev/cdrom              /mnt/cdrom         iso9660 noauto,owner,ro 0 0
/dev/hda2               /var               ext3    defaults        1 3
/dev/hda3               swap               swap    defaults        0 0

/etc/fstabファイルの書式は下記の通りです。

デバイスファイル名(/dev/hda1)
デバイスファイル名、もしくはリモートファイルシステムを指定します。

マウントポイント(/boot)
ファイルシステムのマウント先になるディレクトリを指定します。

ファイルシステムの種類(ext3)
ファイルシステムの種類を指定します。
※後述ファイルシステムの種類を参照

マウントオプション(defaults)
マウントする際に必要になるオプションを指定します。
複数のオプションを指定する場合は「,」(カンマ)で区切ります。
※後述マウントオプションを参照

dumpフラグ(1)
1であればdumpコマンドによるバックアップ対象になり、
通常ext2、ext3ファイルシステムは1を、
その他のファイルシステムは0を指定します。

ブート時にfsckがチェックする順序(1)
Linuxが起動する時に、fsckがチェックする順序を0、1、2・・・と
指定します。0を指定するとチェックされません。
ルートファイルシステム(/)は1である必要があります。

■ファイルシステムの種類
ext2 Linuxの標準ファイルシステム
ext3 ext2にジャーナリング機能を追加したファイルシステム
reiserfs 高速なジャーナリングファイルシステム
xfs SGIが開発したジャーナリングファイルシステム
jfs IBMが開発したジャーナリングファイルシステム
iso9660 CD-ROM、DVD-ROMのファイルシステム
msdos MS-DOSのファイルシステム
vfat Windows 9xのファイルシステム
nfs NFS(Network File System)

■マウントオプション
async ファイルシステムの非同期入出力を設定する
auto -aオプションでmountコマンドを実行したときにマウントする
noauto -aオプションでmountコマンドを実行してもマウントされない
defaults デフォルトのオプションを設定する(async auto dev exec nouser rw suid)
exec バイナリの実行を許可する
noexec バイナリの実行を許可しない
ro 読み出し専用でマウントする
rw 読み書きを許可してマウントする
unhide 隠しファイルも表示する
suid SUIDとSGIDを有効にする
user 一般ユーザーでもマウント可能にする
users マウントしたユーザー以外でもアンマウントできるようにする
nouser 一般ユーザーのマウントを許可しない



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする