dmidecodeコマンドでLinuxのハードウェアの情報を取得する

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, サーバー管理 > dmidecodeコマンドでLinuxのハードウェアの情報を取得する

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

dmidecodeコマンドは、Linuxのハードウェアの情報を取得するコマンドです。
例えば、マシンの型番、ベンダー、シリアルなど、様々なハードウェアの情報が得られます。

# dmidecode
# dmidecode 2.11
SMBIOS 2.4 present.
364 structures occupying 16040 bytes.
Table at 0x000E0010.

Handle 0x0000, DMI type 0, 24 bytes
BIOS Information
Vendor: Phoenix Technologies LTD
Version: 6.00
Release Date: 07/02/2012
Address: 0xEA0C0
Runtime Size: 89920 bytes
ROM Size: 64 kB
Characteristics:
ISA is supported
PCI is supported
PC Card (PCMCIA) is supported
PNP is supported
APM is supported
BIOS is upgradeable
BIOS shadowing is allowed
ESCD support is available
Boot from CD is supported
Selectable boot is supported
EDD is supported
Print screen service is supported (int 5h)
8042 keyboard services are supported (int 9h)
Serial services are supported (int 14h)
Printer services are supported (int 17h)
CGA/mono video services are supported (int 10h)
ACPI is supported
Smart battery is supported
BIOS boot specification is supported
Function key-initiated network boot is supported
Targeted content distribution is supported
BIOS Revision: 4.6
Firmware Revision: 0.0

Handle 0x0001, DMI type 1, 27 bytes
System Information
Manufacturer: VMware, Inc.
Product Name: VMware Virtual Platform
Version: None
Serial Number: VMware-56 4d b6 9c ba 29 d8 13-4c c0 d2 5b c7 32 79 44
UUID: 564DB69C-BA29-D813-4CC0-D25BC7327944
Wake-up Type: Power Switch
SKU Number: Not Specified
Family: Not Specified

以下省略


dmidecodeコマンドを実行すると、多くの情報が表示されるので、lessコマンドにパイプするか、
必要な情報のみをgrepコマンドで抽出すると良いでしょう。

■機器のシリアルナンバーを調べる
# dmidecode | grep Serial

■BIOSのバージョン(リリース日)を調べる
# dmidecode | grep Release

dmidecodeコマンドは、「--type」オプションに特定のキーワードを付けて実行することも可能です。
dmidecode --type キーワード

例えば、メモリ情報を表示するには下記のように実行します。
■メモリの情報を抽出する
# dmidecode --type memory

他に使用出来るキーワードは下記のとおりです。

■キーワード
bios
system
baseboard
chassis
processor
memory
connector
slot

キーワード以外にも項目を番号で指定しての実行も可能です。
例えばprocessorはNo.4に対応しているので、以下のコマンドを実行します。

■processorを項目番号で表示する
# dmidecode --type 4



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする