RPMデータベースを再構築する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

RPMパッケージに関する情報は、RPMデータベースに保存されています。
パッケージの情報を検索する時は、このRPMデータベースが重要な役割を果たすのですが、
たまに壊れてしまう場合があります。

そのような場合には、rpmコマンドに「--rebuilddb」オプションを付けて実行することで
RPMデータベースを再構築できます。

このコマンドを実行するにはroot権限が必要で、インストールされているパッケージ数、
コンピューターのスペックによっては終了するまでかなり時間が掛かる場合があります。

[pakira@Tiger ~]$ su -  ←rootになります。
パスワード:
[root@Tiger ~]# rpm --rebuilddb  ←RPMデータベースを再構築します。
[root@Tiger ~]#



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする