RPMパッケージの状態を表示する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

インストールされているRPMパッケージが現在どのような状態にあるのかを
確認するには、rpmコマンドにオプション「-q」と「-s」を付け、
状態を確認したいRPMパッケージ名を指定して実行します。

コマンドを実行し、「normal」または、「通常」と表示されれば、正常な状態です。
この他に、
・インストールされていない(not installed)
・置き換えられている(replaced)
があります。

このコマンドを実行すると、多くの情報が表示されるため、lessコマンドや
moreコマンドでパイプするのが良いでしょう。

[pakira@Tiger ~]$ rpm -qs ghostscript | less ←RPMパッケージの状態を表示します。
通常 /etc/ghostscript
通常 /etc/ghostscript/8.70
通常 /etc/ghostscript/8.70/CIDFnmap.local
通常 /etc/ghostscript/8.70/Fontmap.local
通常 /etc/ghostscript/8.70/cidfmap.local
通常 /usr/bin/bdftops
通常 /usr/bin/dumphint
通常 /usr/bin/dvipdf
通常 /usr/bin/eps2eps
通常 /usr/bin/font2c
通常 /usr/bin/ghostscript
通常 /usr/bin/gs
通常 /usr/bin/gsbj
通常 /usr/bin/gsdj
通常 /usr/bin/gsdj500
通常 /usr/bin/gslj
通常 /usr/bin/gslp
通常 /usr/bin/gsnd
通常 /usr/bin/lprsetup.sh



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする