グループに管理者を設定する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

既存のグループに、root(特権ユーザー)とは別に管理者を設定することができます。
ここで設定された管理者は、グループに対して、メンバーの追加、削除、
グループパスワードの設定、削除などが行えます。

グループごとに管理者を設定するメリットは、特定のディレクトリ以下の
管理をその管理者に任せることができるので、root(特権ユーザー)である
システム管理者の負担を軽減することができます。

管理者を設定するには、gpasswdコマンドにオプション「-A」を付け、
引数にユーザー名、管理させるグループ名を指定します。
ユーザーはカンマ「,」で区切ることで複数指定することが可能です。

[pakira@Tiger ~]$ su -  ←root権限になります。
パスワード:
[root@Tiger ~]# cat /etc/group | grep unyo  ←unyoグループが存在することを確認します。
unyo:x:600:
[root@Tiger ~]# gpasswd -A pakira unyo  ←unyoグループの管理者としてpakiraを設定します。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする