インストール時にディスプレイの解像度を変更するには

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, インストール > インストール時にディスプレイの解像度を変更するには

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

グラフィカルモードでインストールを行う場合、ディスプレイの解像度が低くなり、
画面の一部が表示できない場合があります。

このような場合、マウスで次画面へ遷移できず、操作が行えません。
その場合、Linuxのインストール時にブートオプションを設定することで
解像度を指定することができます。

ブートオプション画面の表示方法は↓を参照してください。
CentOS6でブートオプション画面を表示する

boot: linux resolution = 横解像度x縦解像度

下図の例では、1024x768の解像度を指定します。

boot_option03.jpg

※ブートオプション画面の場合、キーボードの配列が外字設定になるので、
 「=」の入力は「へ」キーを使用します。
※「x」はアルファベットのxになります。



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする