ログインシェルを変更するには


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ログイン時に起動するログインシェルは、ユーザーごとに変更できます。
変更を行うには、chshコマンドを使用します。

システムで指定できるシェルは/etc/shellsファイルに記述されています。
もし、新しいシェルをシステムに追加した場合には、
このファイルにシェルへのパスを記述しておく必要があります。

管理者は、他のユーザーのシェルを変更することができますが、
一般ユーザーは、自分が使用するシェルのみ変更できます。
変更の反映は、次回ログイン時にから有効になります。

■ログインシェルを変更する
----------------------------------------------------------
$ cat /etc/shells ←使用できるシェルを確認する
/bin/sh
/bin/bash
/sbin/nologin
/bin/tcsh
/bin/csh
/bin/ksh
$ chsh  ←chshコマンドでログインシェルを変更する
pakira のシェルを変更します。
パスワード:   ←ユーザーのパスワードを入力する
新しいシェル [/bin/bash]: /bin/ksh  ←新しく使用したいシェルを入力
シェルを変更しました。


■管理者(root)がユーザー(pakira)のログインシェルを変更する
--------------------------------------------------------------
$ su -      ←「su -」でrootになる
パスワード:    ←rootパスワードを入力する
# chsh pakira   ←chshの後ろにユーザー名を指定する
pakira のシェルを変更します。
新しいシェル [/bin/bash]: /bin/csh ←新しく使用したいシェルを入力
シェルを変更しました。
----------------------------------------------------------



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする