設定ファイルでIPアドレスを設定するには

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, ネットワーク > 設定ファイルでIPアドレスを設定するには

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

コマンドでIPアドレスを設定するにはでは、コマンドを利用してIPアドレスを設定しましたが、
設定ファイルでもIPアドレスの設定が行えます。
コマンドでの設定は反映が一時的でしたが、設定ファイルの場合、
恒久的にIPアドレスの設定反映が行えます。
(システムやネットワークの再起動を行なっても設定は元に戻りません。)

設定するファイルと箇所は、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0のIPADDR項目になります。
このIPADDRにIPアドレスを設定します。

設定後は、「/etc/init.d/network restart」や、「service network restart」などで
ネットワークの再起動を行い設定を反映をさせます。

[root@Tiger ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE="eth0"
BOOTPROTO="static"
BROADCAST="192.168.0.255"
DNS1="192.168.0.1"
GATEWAY="192.168.0.1"
HWADDR="00:0C:29:EF:7C:51"
IPADDR="192.168.0.36"
IPV6INIT="yes"
IPV6_AUTOCONF="yes"
NETMASK="255.255.255.0"
NM_CONTROLLED="yes"
ONBOOT="yes"
TYPE="Ethernet"
UUID="7bff9c7e-05b3-4619-a0bf-2ce1dd32e473"

[root@Tiger ~]# service network restart
インターフェース eth0 を終了中: [ OK ]
ループバックインターフェースを終了中 [ OK ]
ループバックインターフェイスを呼び込み中 [ OK ]
インターフェース eth0 を活性化中: [ OK ]



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする