RPMパッケージのインストールテストを行う

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, RPM > RPMパッケージのインストールテストを行う

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

rpmパッケージはその管理がとても容易で便利なものですが、
全くトラブルがないかと言えばそうでもありません。
依存関係や競合などの問題によりインストールコマンドを実行しても
エラーが表示されインストールできないこともあります。

しかし、インストール前にこうした問題が発生することがないかを
テストする事が出来ます。
テストを行うには、rpmコマンドに「--test」オプションを付けてインストールを
実行します。

このrpmは必ずしもroot権限を必要としませんが、インストールの過程で
root権限を必要とする処理がある場合、エラーが表示されるので注意が
必要です。

[root@Tiger src]# rpm -ivh --test zlib-devel-1.2.3-4vl5.i386.rpm ←rpmパッケージのインストールテストを行います。

※RPMの依存と競合
RPMパッケージはその管理がとても容易で便利なものですが、
全くトラブルがないかと言えばそうでもありません。
そのエラーの多くは、依存パッケージの不足と競合になります。

依存とは、インストールしようとしているパッケージを使用する上で、
必要となるパッケージがインストールされていないことでライブラリ不足が
発生しエラーになるケースです。依存エラーの場合、依存パッケージを先に
インストールする事で多くの場合エラー回避できます。

また、競合は同様の機能を提供するパッケージが
既にインストールされていることにより衝突が発生して
エラーになるケースです。

競合は、衝突しているパッケージを削除する事で
多く場合エラーを回避できます。

■ 関連記事
rpmコマンドの詳細はこちら
RPMパッケージの情報を表示する
インストール済みのRPMパッケージを確認する
特定のプログラムがどのRPMパッケージに含まれているかを確認する
RPMパッケージがインストールされたディレクトリを表示する
依存パッケージを表示する
RPMパッケージのインストールテストを行う



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする