RPMパッケージがインストールされたディレクトリを表示する

HOMELinux技術 リナックスマスター.JP(Linuxマスター.JP)Linuxtips, RPM > RPMパッケージがインストールされたディレクトリを表示する

Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

特定のパッケージをインストールした際、関連ファイルがどこにあるのかを
確認するには、rpmコマンドに「-ql」オプションを付けて実行します。
引数としてはパッケージ名を指定します。

[root@Tiger ~]# rpm -ql postfix ←「postfix」の関連ファイル保存場所を表示
/etc/pam.d/smtp.postfix
/etc/postfix
/etc/postfix/LICENSE
/etc/postfix/TLS_LICENSE
/etc/postfix/access
/etc/postfix/bounce.cf.default
/etc/postfix/canonical
/etc/postfix/generic
/etc/postfix/header_checks
/etc/postfix/main.cf
/etc/postfix/main.cf.default
/etc/postfix/makedefs.out
/etc/postfix/master.cf
/etc/postfix/post-install
/etc/postfix/postfix-files
/etc/postfix/postfix-script
/etc/postfix/relocated
/etc/postfix/transport
/etc/postfix/virtual

(省略)

/var/spool/postfix/pid
/var/spool/postfix/private
/var/spool/postfix/public
/var/spool/postfix/saved
/var/spool/postfix/trace

■ 関連記事
rpmコマンドの詳細はこちら
RPMパッケージの情報を表示する
インストール済みのRPMパッケージを確認する
特定のプログラムがどのRPMパッケージに含まれているかを確認する
RPMパッケージがインストールされたディレクトリを表示する
依存パッケージを表示する
RPMパッケージのインストールテストを行う



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする