ファイルシステムを検査する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ファイルシステムに問題が疑われる場合、fsckコマンドを使用して
ファイルシステムの検査を行います。

fsckコマンドを実行するとファイルシステムに異常がないかを検査し、
異常があると、その内容により返り値を表示します。
また、以上が発見されない場合には、ディスクに含まれるファイル数、
使用しているブロック数、使用可能なブロック数を表示します。

引数なしでコマンドを実行した倍には、/etc/fstabに記述されている
すべてのデバイスを検査の対象とします。
また引数にデバイス名を指定するして実行した場合には、
指定したデバイスのみを検査します。

注意事項として検査が行われている途中でディスクアクセスがあると
システムが破壊される恐れがあるので、fsckコマンドを実行する場合には
アンマウントできるボリュームはアンマウントし、/が置かれたボリュームを
含む場合は、シングルユーザモードで実行するのが安全です。

fsckコマンドを実行するにはroot権限が必要になります。

[pakira@Tiger ~]$ su - ←rootにスイッチします。
パスワード:
[root@Tiger ~]# fsck /dev/hda1  ←デバイス「/dev/hda1」を検査します。
fsck 1.39 (29-May-2006)
e2fsck 1.39 (29-May-2006)
/dev/hda1 is mounted.

WARNING!!! Running e2fsck on a mounted filesystem may cause
SEVERE filesystem damage.

Do you really want to continue (y/n)? yes ←対象ボリュームをアンマウントかシングルユーザモードで起動しているなら「y」を入力します。

/boot: recovering journal
/boot: clean, 35/26104 files, 15397/104388 blocks  ←異常がなければ「clean」と表示されます。


■ fsckコマンドで異常が発見された場合の返り値
1:ファイルシステムの異常が修復された
2:システムを再起動する必要がある
4:ファイルシステムの異常が修復されないで残っている
8:操作エラー
16:利用法、または文法エラー
32:ユーザの操作によりキャンセル
128:共有ライブラリエラー


■ 関連記事
fsckコマンドの詳細はこちら
suコマンドの詳細はこちら
umountコマンドの詳細はこちら
システムの再起動を高速に行う
ファイルシステムを検査する
特定のファイルシステムを検査する



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする