ランレベルを切り替える


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

ランレベルは必要に応じて切り替えることが出来ます。
ランレベルを切り替えるには、telinitコマンドかinitコマンドを使用します。
telinitコマンドに設定したいランレベルを引数として指定して実行します。

また、telinitコマンドの実行にはroot権限が必要になり、設定後は
再起動して設定を有効にする必要があります。

[pakira@Tiger ~]$ su - ←rootにユーザ切り替えを行う
パスワード:      ←rootパスワードを入力する(パスワードは表示されません)
[root@Tiger ~]# runlevel ←現在のランレベルを確認します。
N 3
[root@Tiger ~]# telinit 5 ←ランレベルを5に設定します。
[root@Tiger ~]# runlevel ←設定後のランレベルを確認します。
3 5
[root@Tiger ~]# init 3 ←ランレベルを5に設定します。
[root@Tiger ~]# runlevel ←設定後のランレベルを確認します。
5 3

■関連記事
ランレベルを表示する
runlevelコマンドの詳細はこちら
telinitコマンドの詳細はこちら
suコマンドの詳細はこちら



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする