起動ディスクを作成する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

Linuxは多くの場合、ハードディスクのMBR(マスターブートレコード)から
起動するようになっています。
なんらかの障害が発生した場合、ハードディスクから起動出来なく場合もあります。
そのような自体に備えるため、多くのディストリビューションでは、インストール手順の
行程でフロッピーディスクによる起動ディスクの作成というステップが設けられています。

しかし、インストール作業の段階で起動ディスクを作成していない場合、または
作成したディスクが使用できない場合、別のLinuxシステムがあればddコマンドを
使用することで起動ディスクを作成する事が出来ます。

ddコマンドはふぃあるをコピーを行うコマンドですが、コピーの際ファイルを
変換できる点がcpコマンドと異なり、ifオプションとして起動イメージである
「/boot/vmlinuz」、ofオプションとしてフロッピーディスクのディバイス名
「/dev/fd0」を指定します。

なお、このコマンドを実行する場合には、事前にフロッピーディスクを
ドライブにセットしておく必要があります。

[root@Tiger ~]# dd if=/boot/vmlinuz of=/dev/fd0


■ 関連記事
ddコマンドの詳細はこちら



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする