プロセスの状態を詳細に表示する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

プロセスの状態を詳細表示させるにはpsコマンドに
オプション「-l」を付けて実行します。

[pakira@Tiger ~]$ ps -l
F S UID PID PPID C PRI NI ADDR SZ WCHAN TTY TIME CMD
0 S 500 3127 3126 0 75 0 - 1370 wait pts/1 00:00:00 bash
0 R 500 3217 3127 0 77 0 - 1289 - pts/1 00:00:00 ps

■ 表示される情報

S:状態
  ・第1フィールド
    R:実行可能
    T:停止中かトレース中
    D:休眠中で割り込み不可
    S:休眠中
    Z:ゾンビ(削除されていないが停止中)
  ・第2フィールド
    W:スワップアウト(常駐ページなし)
  ・第3フィールド
    N:正のナイス値
UID:実行ユーザのユーザ番号
PID:プロセスごとに自動的に割り当てられる番号
PPID:親プロセスのプロセスID
PRI:プロセスの優先度
NI:プロセスのナイス値
SZ:仮想メモリイメージのサイズ
RSS:使用中の物理メモリ量
WCHAN:プロセス休眠時のカーネル関数
PAGEIN:主要なページフォルト数
TRS:常駐テキスト量
TTY:プロセスを実行している制御端末
TIME:CPU消費時間
CMD:実行コマンド
SWAP:スワップ・デバイスの量
SHARE:使用中の共有メモリ量

■ 関連記事
psコマンドの詳細はこちら
killコマンドの詳細はこちら
killallコマンドの詳細はこちら
すべてのプロセスを表示する
デーモンプロセスも含めて表示する
プロセスの状態を詳細に表示する
プロセスの状態を表示する
プロセスの親子関係を含めて表示する
プロセスをツリー状に表示する
プロセスをハングアップさせる
プロセスを強制終了する
プロセスをハングアップさせる
プロセスツリーをグラフィカルに表示する
ユーザ名を含めて実行プロセスを表示する
実行中のプロセスのみ表示する
実行中のプロセスを終了する
特定のプロセスの状態のみを表示する
特定コマンドのプロセスをすべて終了する



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする