viエディタで文字列を検索する


Linuxサーバー管理者の技術を2日で学べる「初心者向けリナックスセミナー」
30日掛かって覚えるプロの技術を、たった2日間で学習できます。
リナックスマスター2日間集中セミナー【CentOS7版】
 (今すぐ↑をクリックしてください。)

viエディタで文字列を検索するには、コマンドモードで「/」(スラッシュ)を入力し、その後に検索したい文字列を入力し、「Enter」キーを実行することで実行することが出来ます。
(端末によってはマッチするテキストが反転表示されます。)

また、マッチする文字列を次々検索したい場合は「n」キーを入力します。

viエディタで文字列を検索する

[root@Tiger ~]# vi /var/log/messages ←viエディタで検索したいファイルを開く
/PCI ←「/」スラッシュの後に検索したい文字列を入力する(例ではPCIを検索)
-----------------------------------------------------------------------------
Jul 23 18:54:08 Tiger kernel: ACPI: PCI Root Bridge [PCI0] (0000:00)
Jul 23 18:54:08 Tiger kernel: PCI quirk: region 1040-104f claimed by PIIX4 SMB
Jul 23 18:54:08 Tiger kernel: ACPI: PCI Interrupt Link [LNKA] (IRQs 3 4 5 6 7 9 10 11 14 15) *0, disabled.
Jul 23 18:54:08 Tiger kernel: ACPI: PCI Interrupt Link [LNKB] (IRQs 3 4 5 6 7 9 10 *11 14 15)
Jul 23 18:54:09 Tiger kernel: ACPI: PCI Interrupt Link [LNKC] (IRQs 3 4 5 6 7 9 *10 11 14 15)
Jul 23 18:54:09 Tiger kernel: ACPI: PCI Interrupt Link [LNKD] (IRQs 3 4 5 6 7 *9 10 11 14 15)
-----------------------------------------------------------------------------
↑PCIを含む行が次々に検索される。先に進めるには「n」キーを入力し、戻るには「Shift」+「n」キーを入力する



■CentOS7.1サーバー構築マニュアルを無料プレゼント
 「CentOS7.1」のサーバー構築手順、「VMware Player」の
 ダウンロードとインストール手順をまとめたマニュアルを
 無料でプレゼントしています。


 詳しくは↓のページで説明していますので、今すぐクリックしてダウンロードしてください。
 無料マニュアルをダウンロードする  無料マニュアルをダウンロードする